肌の弱い私のニキビ体験

自分は肌が弱いこともありよくニキビができることがあります。主に顔にできます。
具体的には目と頬の間、顎周辺、耳の下、唇の上にできる傾向にあります。ひどい時は後頭部と首の間や背中にできることもあります。

自分のニキビができる原因としては脂分が大きいと考えています。
よく揚げ物を食べた翌日にニキビができる傾向が自分にはあります。

また、自分のニキビはひどい時にはたまに大きく膨れることもあります。
腫れて痛いです。たまに我慢しきれず膿を押し出すこともあります。膿もそうですが血も結構流れますね。

その後は痛みが引かないのでオロナイン軟膏をよく塗っています。他には痛みや大きさはそこまでないものの目と頬の間にできるニキビからの膿なのかよく分からない汁は臭いです。

そんな自分のニキビではありますが一応洗顔はしています。
洗顔料はスクラブが入っているとあのざらつきがどうも苦手なのでノンスクラブで刺激の少ないスースーしないものを使っています。

あとは脂肌にきくものを使っています。普段はそこまで脂分を取らなければ前述の洗顔でそこまでニキビはひどくなりません。

以前は皮膚科の方から塗り薬をもらって顔に塗っていたこともありましたが、そこまで今ひどくはなっていないことと薬のにおいが臭いことと薬がしみること等で最近は皮膚科から薬はもらっていません。
しかし、現状どうにかなっているので多分大丈夫かなとは思っています。

あと、最近肌の健康のためにビタミンを取るようにもしていますね。
具体的には野菜ジュースを飲み始めました。まだ飲み始めたばっかりなので顕著な効果は今のところは出ていないのですが効いてきたらいいなと期待はしています。

話は変わりますが、ニキビができたら顔に触るなとよく言われますが、肌が弱いのでよく皮膚の色々なところがかゆくなりやすくなるのでそれもニキビの治りが遅い原因かも知れないですね。

しかしかゆみは我慢できないのでもうどうしようもありませんが。どうしてもかゆいときはタオルで顔をふきながら顔をかいたり、熱いシャワーの熱で顔に刺激を与えてかいているのと似たような感覚になることでどうにかしています。

以上が自分と自分とニキビについてです。
正直自分のニキビの程度が世間と比較してどれだけひどいのかは分かりませんがかれこれもう10年くらいはつきあっています。